アッフェン・ピンシャー
イタリアン・グレーハウンド
イングリッシュ・トイ・スパニエル
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
シーズー
シルキー・テリア
チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
チワワ
トイ・フォックス・テリア
トイ・プードル
トイ・マンチェスター・テリア
パグ
ハバニーズ
パピヨン
ブリュッセルグリフォン
ペキニーズ
ポメラニアン
マルチーズ
ミニチュア・ピンシャー
ヨークシャー・テリア
 
 
可愛いパグの子犬
広告募集
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
パグ
パグは紀元前400年以前から存在が確認されている極めて古い犬種である。
当時の中国王室で飼育されていたローツと呼ばれた犬がパグの原型になったと考えられ、古代の中国絵画によって検証する事ができる。
ローツとペキニーズとの決定的な類似性によってもパグの起源は中国であると考える事が妥当で、さらなる祖先は極東のマスティフが小型化したもので、チベットのスパニエルの影響もあると推定できる。

パグは早くから極東と交易のあったオランダ(東印度会社)を介して中国からヨーロッパに渡ったと言うのが定説になっている。
オランダ王室とパグとの関係は特別に密接で、パグは王室でブリーディングされ、王家のシンボルともなっていた。
王の肖像画にはパグが描き込まれ、墓標にまで登場する。

イギリスへはオランダを経由して渡ったため、イギリスで「ダッチ・ドッグ」と呼ばれていた時期があり、パグがオランダ原産の犬と信じられていた。
イギリスでも、ウィリアム3世以降、ビクトリア女王までパグは王室や貴族社会でもてはやされ貴婦人達の人気を得た。
ナポレオンの婦人ジョセフィーヌが「フォーチュン」というパグを寵愛していた事は有名で、この犬はジョセフィーヌに近づいたナポレオンに咬み付いたと言うフランス人好みの話も伝わっている。

狩猟犬を見慣れたヨーロッパの人々にとってパグは特異な犬種であった事は間違いなく、キング・チャールズ・スパニエルなどイギリス在来の犬種のの長さに影響を与え、ヨーロッパで短吻犬種が流行するきっかけを作った。
パグは1800年代のイギリスでは断耳される習慣があった。

パグの犬種名の由来については諸説ある。
頭部が握りこぶしに似ている、斧に似ているなどのラテン語説、1700年代にペットとして人気があった「パグ」と言うキヌザルの顔に似ていたために「パグ・ドッグ」と呼ばれるようになった説などがある。
パグはドイツでモプス(しかめ顔)と呼ばれ、オランダでモプスフンド、フランスではカーリン(パグを愛好した俳優の名)との愛称をもつ。

1860年イギリスの軍隊が北京の王宮で略奪を行い、パグ、ペキニーズなど中国原産の犬種を持ち帰った事は知られている。
この時のパグの中にブラックのものが含まれていたと言われ、1886年にイギリスのドッグショーブラックのパグが初めて出陳された。
アメリカでは1885年に公認され「小さな体に大きな中身」と言う表現で紹介され多くのファンをもっている。

パグはマスティフの影響が濃く残る典型的な中国原産犬で、頭部が大きく、口吻は短く、巻き尾である。
しわくちゃな顔、つぶれた鼻、がっしりした体、飛び出したような瞳とどれをとってもアンバランスで奇妙な風貌で、常に何かを悩んでいる顔つきである。
パグの顔面の構造は人に近く、顔の表情の変化で人と会話できるとまで愛好家は言う。
イビキをかくのも人と同じ、近年肥満傾向にあるのも現代人と同じである。
性格は穏やかで攻撃的になる事はなく、主人に非常に忠実である。

小型、短毛である事から飼育には手間がかからないが、寒さや暑さには弱い。
眼が大きく突出しているため、散歩時に小枝などで怪我をする事が多く注意を要す。
他の犬種には見られない独特の風貌が楽しく、人を喜ばせるのが使命のような家庭犬であるが、嫉妬心が強く頑固と言う評価も定着しており、典型的なワンホーム・ワンドッグと言われる。
小さなアパートでも、田舎でも、大きな屋敷でもどんな境遇にもたやすく適応する犬である。
中国
トイ (AKC)
トイ(KC)  
第9グループ(JKC)
♂20cm前後
♀20cm前後
♂6.4〜8kg
6.4〜8kg