アイリッシュ・テリア
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・テリア
グレン・オブ・イマールテリア
ケアーン・テリア
ケリーブルー・テリア
シーリハム・テリア
スカイ・テリア
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャーブル・テリア
スムース・フォックス・テリア
ソフトコーテッド・ウィートンテリア
ダンディ・ディアモント・テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パーソン・ラッセル・テリア
ブル・テリア
ベドリントン・テリア
ボーダー・テリア
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
レークランド・テリア
ワイヤー・フォックス・テリア
 
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
ウェルシュ・テリア

ウェルシュ・テリアはウェールズ地方で古くから猟犬として飼育されていた犬を改良固定した犬種である。
ウェルシュ・テリアは現代の多くのテリア種の元となったオールド・イングリ ッシュ・ワイヤーヘアード・ブラック・アンド・タン・テリアの直系の子孫にあたり、オールド・イングリッシュ・テリア又はブラック・アンドタン・ワイ ヤーヘアード・テリアと言う名前がかつては一般的であった。
ウェルシュ・テリアの歴史は古く、古い絵画や版画に特徴あるブラック・アン ド・タンの被毛が描かれている。
ウェルシュ・テリアとしての最初の記録は、イギリスのカーナボンで1884年に開催されたドッグショーで、21頭のウェルシュ・テリアが出陳されている。
当時はウェルシュ・テリアとオールド・イングリッシュ・テリアの両方の部門に同じ犬が出陳されていたようである。
1886年イギリスのケネル・クラブがウェルシュ・テリアを認定、以後100年以上にわたってウェルシュ・テリアの被毛色は変わっていない。
ローマ軍がイギリスへ侵攻した際には、ウェルシュ・テリアの所有者であった ケルト人がウェールズ山脈や湖水地方へ退いたために、ウェルシュ・テリアとレークランド・テリアは共通の起源をもち、多くの類似性が認められるのである。
今なお、原産地ウェールズ地方では、ウェルシュ・テリアはキツネやアナグマ、カワウソ狩りに使われている。
ウェルシュ・テリアがアメリカに初めて渡ったのは1888年であるが、1901年になってようやくウェスト・ミンスター展で、ウェルシュ・テリアの部門が設けられた。
ウェルシュ・テリアは猟犬としての資質が豊かで、恐れを知らず、勇敢さを備えているが、テリアグループの他の犬種よりも静かで攻撃的ではない。
小型エアデール・テリアと言われるほどよく似ており、良き家庭犬として人気が高い。
歩様には無駄がなく、前肢を高くあげて歩く様は明るく活発な性格を表現している。

 
イギリス
テリア(AKC)
テリア(KC)
第3グループ(JKC)
♂ 38.1cm〜39.4cm