アイリッシュ・テリア
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・テリア
グレン・オブ・イマールテリア
ケアーン・テリア
ケリーブルー・テリア
シーリハム・テリア
スカイ・テリア
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャーブル・テリア
スムース・フォックス・テリア
ソフトコーテッド・ウィートンテリア
ダンディ・ディアモント・テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パーソン・ラッセル・テリア
ブル・テリア
ベドリントン・テリア
ボーダー・テリア
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
レークランド・テリア
ワイヤー・フォックス・テリア
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
レークランド・テリア
レークランド・テリアはハウンド種が作出されるずっと以前から、イギリスの湖水地方の山岳地帯、カンバーランド州の農夫達によって繁殖飼育されていた。
昔はカンバーランド・テリア、フェル・テリア、パタデール・テリア、ウェストモーランド・テリアと様々な名称で呼ばれていたが、1912年にクラブが設立されて以来レークランド・テリアと呼ばれるようになった。
レークランド・テリアは形態的にウェルシュ・テリアに近く、多くの類似性が認められる。 ローマ軍がイギリスへ侵攻した際に、ウェルシュ・テリアの所有者であったケルト人がウェールズ山脈や湖水地方へ退いたために、ウェルシュ・テリアとレークランド・テリアは共通の起源をもつと考えられている。
血統的にはウェルシュ・テリア、オールド・イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・テリア、ワイヤー・フォックス・テリアベドリントン・テリアボ ーダー・テリアダンディ・ディンモント・テリアの混血があると考えられて いる。
ベドリントン・テリアが生まれたノーサンバーランド州はカンバーランド州の近隣であり、猟性能を向上するためレークランド・テリアにベドリントン・テリアが交配された事はほぼ間違いない。
レークランド・テリアの頭部にはベドリントン・テリアの影響と思われるブルーグレーの被毛が現れる事がある。

レークランド・テリアは最古の作業テリアの一つで、穴に潜む小獣の駆除や狐狩りに使われた。
獲物を追って岩だらけの荒れ地を1日中でも走り続ける事ができた。
岩穴に深く潜る事が得意で、1871年ロンズデール卿が飼育していたレークランド・テリアは、カワウソを追って岩穴に潜り込み、戻れなくなり、岩の爆破によって3日後に助け出されたと言う。

1921年、犬種標準が定められ、イギリスのKCによって正式に公認された。
AKCへの登録は1934年である。
作業犬としての歴史が長いレークランド・テリアであったが、1頭のレークランド・テリアが1967年にクラフトベストインショーを受賞し、翌年アメリカのウェストミンスターショーでも受賞するという快挙を成し遂げた事もある。
スクェアな外観でサイズはフォックス・テリアくらい、歩様はしなやかで優雅、密集したワイヤー状の被毛は口吻や肢周りでは長い飾り毛となっている。
イギリス
テリア(AKC)
テリア(KC)
第3グループ(JKC)
♂35.5〜38cm
♀33〜35.6cm
♂7.7kg
♀7.7kg