アイリッシュ・テリア
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・テリア
グレン・オブ・イマールテリア
ケアーン・テリア
ケリーブルー・テリア
シーリハム・テリア
スカイ・テリア
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャーブル・テリア
スムース・フォックス・テリア
ソフトコーテッド・ウィートンテリア
ダンディ・ディアモント・テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パーソン・ラッセル・テリア
ブル・テリア
ベドリントン・テリア
ボーダー・テリア
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
レークランド・テリア
ワイヤー・フォックス・テリア
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
アイリッシュ・テリア
文字通りアイルランドを代表するテリア。
アイリッシュ・テリアの起源は定かではないが、テリア犬種中もっとも古い犬種の一つである事は確かである。
アイルランド南部の地域が発祥で、古くから番犬、小型害獣の駆除犬として飼育されていた。
泳ぎが達者で、水中作業を得意としカワウソやキツネ猟で活躍した。
この頃すでに現在のアイリッシュ・テリアの形が完成されており、他犬種との混血なく固定されたテリアの純粋種である。

1875年グラスゴーでのドッグショー以降、公認犬種として扱われ「キルニー」と「エリン」と呼ばれるチャンピオン犬に注目が集まった。
この2頭のアイリッシュ・テリアが優秀な子孫を輩出する事となり、「アイリッシュ・テリアの父と母」として歴史上に名を留めている。
アイルランドでは、アイリッシュ・テリアに断耳を行い、立ち耳にしていた歴史がある。
1880年代、アイリッシュ・テリアはイギリスで人気犬種となり、1889年にはKC(英国ケネルクラブ)のドッグショールールに従い、断耳が禁止された。

アイリッシュ・テリアは訓練性能抜群で理解力、記憶力に優れ、主人に忠実で優れた猟犬であるが、並外れて猟欲が強く、獲物に咬み付く癖がある。
結果にはおかまいなく敵に飛びつくので「向う見ず」と言う異名があるほど大胆なのも本犬の特徴である。
アイリッシュ・テリアの無鉄砲な性格は、第一次大戦の際に軍用犬として利用され成果をあげたと伝わっている。
伝達手段が断たれた戦場で、伝令役として敵の砲弾の中に飛び出して行ったのである。
アイリッシュ・テリアの体形は他のテリア犬種とは異なっており、体構や性格が似ている事から、アイリッシュ・ウルフハウンドのミニチュア犬と称される事がある。
テリアでありながら猟技では、ハウンドやスパニエルの技もこなす。
アイリッシュ・テリアはすべてのテリア犬種中、もっともテリアらしいテリアと呼ばれ、優雅なスタイルとテリア本来の毅然とした性質を継承している。
エアデール・テリアをひと回り小さくしたサイズで、アイリッシュ・レッド・テリアと呼ばれる事があるように、赤みがかった小麦色の単色被毛が特徴である。

アイリッシュ・テリアの個体評価は、外観と特に気質に重点を置いて行われる。
猟犬であり、護衛犬であった当犬の歴史を反映した「活気」と「闘志」が備わっていなければならない。
アイリッシュ・テリアは決して無鉄砲なだけではない。
高い順応性を有し、猟犬としての優れた資質を家庭内でも発揮する。
現在では「本物のテリア」を求める愛犬家によって知的で忠実で正直な家庭犬として飼育されている。
欧米で開催される野外の狩猟競技会で常に高成績をあげているのもこの犬種である。
都会生活では他の犬や小動物に対して攻撃的な行動に出る事があるので、充分なトレーニングを必要とする。
アイルランド
テリア(AKC)
テリア(KC)  
第3グループ(JKC)
♂46cm
♀46cm
♂11kg
11kg