アイリッシュ・テリア
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・テリア
グレン・オブ・イマールテリア
ケアーン・テリア
ケリーブルー・テリア
シーリハム・テリア
スカイ・テリア
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャーブル・テリア
スムース・フォックス・テリア
ソフトコーテッド・ウィートンテリア
ダンディ・ディアモント・テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パーソン・ラッセル・テリア
ブル・テリア
ベドリントン・テリア
ボーダー・テリア
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
レークランド・テリア
ワイヤー・フォックス・テリア
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
グレン・オブ・イマールテリア

グレン・オブ・イマールテリアの原産地はアイルランド東部のウィックロー州イマール渓谷である。
1570年頃イギリスの女王エリザベス1世がアイルランドの反乱を鎮圧するため兵士をイマール峡谷に移住させたが、この際に連れてきたハウンド種とアイルランドの土着犬を交配させて作出されたのがグレン・オブ・イマールテリアであると言われている。

兵士が連れてきたハウンド種は体高が低く、ざらざらとした粗毛の犬であったと言われており、グレン・オブ・イマールテリアは今日でもこの特徴を備えている。
イマール渓谷が辺境の地であったため、1800年代に行われたイギリス初のドッグショーに出陳されるまで、数百年間アイルランドのごく一部の人々にしか、この犬種の存在は知られていなかった。
アイルランド原産の他の犬種、アイリッシュ・テリアケリーブルー・テリアソフトコーテッド・ウィートン・テリアとは血統的に異なるのも地理的な要因が大きいと考えられている。
グレン・オブ・イマールテリアは穴熊や狐など、穴に潜む害獣の駆除犬として傑出した能力を発揮した。
狩猟に際しては闘志が溢れ、どう猛であるが、普段は穏やかで扱いやすい。
その他、がに股の前肢と力強い後ろ肢は、大きな車輪を踏んで炉の上にある肉の焼き串を回転させるという作業にも適していたと言われている。
テリア種特有の騒々しさはほとんどなく、しわがれた吠え声は番犬としても重宝する。

グレン・オブ・イマールテリアは1934年にアイリッシュ・ケンネル・クラブが1犬種として区別するまで独立犬種として認められていなかった。
アイルランド原産の4犬種のうち3番目に公認された犬種である。
公認された後ドッグショーで活躍する事もあったが、戦争によってその数はごくわずかになってしまった。
絶滅を回避し、グレン・オブ・イマールテリアの保存に大きく貢献したのはイギリスである。
1975年にイギリスKCの公認犬種となり、1980年代にはドッグショーで活躍するまでになった。
アメリカには1930年頃に移民と共に渡ったという記録がある。
1980年代にアメリカの愛好家がアイルランド、イギリス、フィンランドから繁殖用にこの犬種を輸入したとの記録もある。
1986年にグレン・オブ・イマールテリア・クラブが設立され、AKCは153番目の犬種として公認した。

   
アイルランド
テリア(AKC)
テリア(KC)
31.8cm〜35.6cm
31.8cm〜35.6cm
♂15.9kg
♀15.9kg