アイリッシュ・テリア
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・テリア
グレン・オブ・イマールテリア
ケアーン・テリア
ケリーブルー・テリア
シーリハム・テリア
スカイ・テリア
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャーブル・テリア
スムース・フォックス・テリア
ソフトコーテッド・ウィートンテリア
ダンディ・ディアモント・テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パーソン・ラッセル・テリア
ブル・テリア
ベドリントン・テリア
ボーダー・テリア
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
レークランド・テリア
ワイヤー・フォックス・テリア
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
ボーダー・テリア

ボーダー・テリアはイギリス最古のテリアの一つで、イングランドとスコットランドの境界(ボーダー)にある丘陵地帯チェビオットヒルズに伝わる地犬である。
この犬種は人間による他犬種との交配がほとんど行われなかったために、純血種の「作業テリア」として何世代にも渡って伝わって来た。
数百年前のキャラクターを現在に伝える数少ない犬種で、テリア本来の野趣を帯びた外貌が特徴である。
ボーダー・テリアは小型ながら、原産地の丘陵地帯の農村や牧場でワーキング・テリアとしての使役を充分に果たして来た。
この地域では家畜の放牧地が人の居住地から離れた場所にあるため、しばしば狐による被害を受けた。
ボーダー・テリアの特技は狐を追う事、仕留める事で、害獣駆除用テリアとして農民、羊飼い、狩猟家らに重用されていた。
狩猟場では精力的によく働き、獲物を攻撃し続ける執念深さは他の大型猟犬さえ及ばない。
土砂降りの雨や霧に長時間さらされても耐えられるワイヤー状の粗毛と天性の持久力が備わっている。
馬の速度について行ける程の脚力で獲物を追跡し、さらに獲物を追って狭い穴に入り、格闘ができる頑丈な骨格と強い顎をもっている。

このテリアは原産地では別名で呼ばれていたが、1880年頃にはボーダー・テリアという名前で呼ばれていた記録がある。
ボーダー・テリアは農業協会のドッグショーでは主要な犬であったが、イギリスのKCに認定されるまで、原産地以外ではほとんど知られていなかった。
1920年のボーダー・テリア・クラブ結成後は、イギリスの一般的な犬種となり、各地のドッグショーに多数出陳されるようになる。
アメリカでは1930年に初めてAKCに登録された。

体高より体長が長く、頭部はカワウソに似ている。
活発で機敏、我慢強いテリアの特徴と、従順で優しい気だての良さを併せもつ。
訓練し易く、家庭犬としての評価も高い。

イギリス
テリア(AKC)
テリア(KC)  
第3グループ(JKC)
♂5.9〜7.0kg
5.2〜6.4kg