アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
アイリッシュ・セッター
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ.セッター
アメリカン・コッカー・スパニエル
アメリカン・ウォーター・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
イングリッシュ・ポインター
ウェルシュ・スプリンガースパニエル
カーリー・コーテッド・リトリバー
ゴードン・セッター
クランバー・スパニエル
ゴールデン・リトリバー
サセックス・スパニエル
ジャーマン・ポインター
スピノーネ イタリアーノ
チェサピーク・ベイ・リトリバー
ノバ・スコシア・ダック・トーリング・リトリバー
フィールド・スパニエル
ビズラ
フラット・コーテット・リトリバー
ブリタニー・スパニエル
ラブラドール・リトリバー
ワイマラナー
ペットのイエローページ
トリミング通信学科
犬の専門用語事典
占い
ドッグ検定
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガースパニエルは、イギリスに於ける鳥猟犬の進化の過程で1800年代の終わりに、サイズの違いによってイングリッシュ・コッカースパニエルと分離された犬種である。
鳥猟犬として古い歴史を持つ犬で、イギリスで最も古く、最も大きいスパニエル種である。
イングリッシュ・スプリンガースパニエルは、クランバースパニエルを除く、イギリスのランド・スパニエルのすべての起源となった事で知られる。
もともとはフラッシングのために使用されていたが、捜索、回収もこなすようになり、鳥猟界の代表犬種となった。
銃が発達しない時代には、俊足を活用して鳥を飛び立たせ、カスミ網に追い込むのが得意技だったと言われている。
他のスパニエル種よりも長足である事から、猟野でのギャロップによる捜索活動に適している。
4〜5kgもある獲物を素早く運搬する能力も備えている。
スプリンガースパニエルは狩猟の盛んなノーフォーク地方に多く飼育されていたためノーフォーク・スパニエルとも呼ばれていた。
スパニエルはランド・スパニエル、ウォーター・スパニエル、トイ・スパニエルに分類されるが、イングリッシュ・スプリンガースパニエルはこの内ランド・スパニエルを改良したものである。
スプリンガスパニエルには充分な推進力を伴う大股の独特な歩様がある。
スプリンガーの名称は、弾むように走るこの犬種の動きをバネにたとえたものである。
スタミナ抜群で、どのような環境下でも躊躇せず獲物に突進する快足の万能犬で多くの国で現役の鳥猟犬として活躍している。
他の猟犬種同様、現在では狩猟用としての実用犬と、ショードッグとでかなり異なったタイプとなっている。
スプリンガースパニエルは猟犬特有の素早い行動と忍耐力を持ち、従順で訓練性能も高い。
これらの特性は人々が家庭犬に求める特性でもあり、この犬種が家庭犬として高い人気を保っている事が理解できる。
家庭犬となって都会で飼育される彼等も、決して猟欲を失ってはおらず、ストレス解消を目的とした適度な肉体的、精神的刺激が必須である。
スプリンガースパニエルには遺伝的に異常な攻撃行動が現れる特質があると言われており、系統を重視した子犬選びが必要である。
イギリス
スポーティング(AKC) 
ガンドッグ(KC)
第8グループ(JKC)
♂51cm
♀48cm
♂22〜25kg
22〜25kg